NTT健康保険組合

NTT健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

死亡したとき(埋葬料)

被保険者や被扶養者が死亡したときには、「埋葬料」が支給されます。なお、家族や身近な人がまったくいない場合は、実際に埋葬を行った人に「埋葬費」が支給されます。

POINT
  • 埋葬料とは、被保険者や被扶養者が死亡したとき、遺族に支給されます。埋葬費は、被保険者の家族や身近な人がまったくいない場合、実際に埋葬を行った人に支給されます。
  • NTT健保組合では付加給付がありますので、埋葬料にプラス5万円が支給されます。
給付名称
(付加給付名称)
「埋葬料(費)」
(埋葬料付加金)
「家族埋葬料」
(家族埋葬料付加金)
対象者 被保険者 被扶養者
給付内容 法定給付 一律50,000円
付加給付 一律50,000円(資格喪失後の死亡の場合は対象外)
手続き 詳しくはこちら

埋葬料(費)(被扶養者の場合は「家族埋葬料」)

被保険者が死亡したときには被扶養者に、被扶養者が死亡したときには被保険者に、埋葬料として付加給付と合わせて100,000円が支給されます。

また、被扶養者等がまったくいない場合には、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の範囲内で実費が支給されます。なおここでいう実費とは、葬儀代はもちろんですが、そのほかに霊柩車代、霊前への供物代、僧侶への謝礼なども含まれます。

参考リンク

業務上の事故が原因のときは

業務上あるいは通勤途中の事故などが原因で死亡したときは、健康保険の「埋葬料」ではなく、労災保険の「葬祭料」が支給されますので、事業所担当者にお問い合わせください。

ページ先頭へ戻る